新しい本との出会いについて

有栖川有栖の小説を読み始めてからというもの、その世界にどっぷりと浸かってしまっています。
密室殺人ものなので、個人的には大好物です。
また、そこに出てくる一癖も二癖もあるような登場人物たちが、また良いのです。

読み終えてしまうのが嫌で、今はゆっくり時間をかけて読んでいるような状態なのです。
今まで有栖川を読んでこなかったのが悔やまれます。

それと同時に、これから読み進めていけることが嬉しくたまりません。
現在、綾辻行人を発見したとき以上の興奮を感じています。
読書って出会いなんだなあ、などとつくづく思います。

逆に自分と合わないタイプの本を読みだしてしまうと、途中で猛烈に後悔してしまったりして。
自分って、心底わがままな読者ですね。

Categories: nocategory