久しぶりに走ったけれど

学生時代を終えてから体育というものがなくなり、めっきり走らなくなってしまいました。
もともと運動が大嫌いな運動音痴な私は、その体育から解放された時からこれでもかってくらい走ることから遠ざかっていました。

その私が久々に走りました。足はお遅いんですけど久々に風を感じた気がします。いや風がただ吹いていたからかもしれませんが。

なんで走るハメになったかということですが、その日私は帽子をかぶっていたんです。
更に言うとその日は風の強い日でした。

これでわかると思いますがご察しの通り風で帽子が飛ばされたというわけです。
それを必死で追いかけたのです。帽子と追いかけっこをしたわけですね。

帽子は無事捕まえることが出来たのですが、あまりに久々の走るという行為に動機と目眩が凄かったです。

Categories: nocategory