マンション売るのに司法書士に相談する

マンション売却をする際に、司法書士にお願いすることができるのは、契約書の作成です。司法書士は、簡易裁判所で扱える額でしか法律相談をしたり、代理人となることはできないため、マンションの売却ではそれらのことをお願いすることはできないでしょう。

なぜなら、通常この場合の金額は、140万円を優に超えるからです。したがって、もし、代理人として行動してもらいたいというのであれば、弁護士に依頼したほうが無難です。
報酬がいくらかは、書く司法書士によって異なります。そのため、事前に確認すると良いでしょう。電話で相談をすれば簡単に教えてくれますし、ホームページを持っているところであればその点について掲載があります。大体は、作成する文書によっていくらというように報酬を定めていることが多いです。疑問点があれば、やはり直接相談をした方が良いです。

どの専門家を選ぶかは、口コミを参考にしたり、マンションを高く売るための査定サービス比較をしているサイトを参考にしたりするのが良いです。利用した人の評価が良いということは、きちんとした対応をしてくれることを意味しますので、利用しても問題は有りません。

また、ホームページは得意とする案件の詳細を載せているため、お願いするのにふさわしいかどうかを判断することができます。司法書士といっても、得意とする分野は人によって異なりますので、せっかくであればそれを得意とする方を選んだほうが、満足度が向上します。選ぶ際には、以上の点に気をつけて選びましょう。

Categories: nocategory