アルコール度数1%のチューハイ

私はアルコールが得意ではなく、飲み会などでは、
いつもノンアルコール系のドリンクを頼みます。
夏場の暑い時期は、ノンアルのビールをがぶ飲み。
味が苦手なのではなく、身体がアルコールを分解できないんです。

それでも、たまにお酒が飲みたくなって、3%程度のほろ酔い系を
飲んでみたりするんですが、私にはそれでもキツイ。
3口くらい飲むと、すぐに酔いが回って、最期には頭が痛くなります。

そんなとき、友達が勧めてくれた、アルコール度数1%のチューハイ。
ちょうどCMでもやっていたので、グレープフルーツ味を試しに購入。
味は、フレッシュな柑橘の香りがして、なかなかGOOD。

そして肝心の酔いの方は…なんと、私でも、ほのか~に「ほろ酔い」程度でした。

これは、どんな人に需要があるんだろう?
私はうれしいけれど、ちょっとお酒が弱い程度の人には物足りないのでは?
マーケティングの方に、聞いてみたい気がします。

Categories: nocategory